よくある質問

一般

一般的な一括査定サービスとの違い

一般的な一括査定サービスでは、価格査定は各社の営業担当者がそれぞれ行い、チャレンジ価格(その価格で売れる可能性が低い価格)が提示される傾向があります。そのため、売却までに時間がかかり、売却活動中に値下げを行うこともしばしばあります。また査定フォームを入力した直後に、複数の不動産会社からいきなり営業電話がかかってきてしまいます。

ウレタでは、価格査定はAIによる自動査定システムを活用しています。大量のデータから独自のアルゴリズムで査定し、その後、社内の不動産売却の専門家が個別に確認した上で見積もり価格を決定しています。また、査定フォームを入力した後に迷惑な営業電話は一切なく、じっくりと査定された価格を確認した上で、そのエリアに詳しい厳選された不動産会社の中から、相談する会社を選ぶことができます。

価格査定に費用はかかりますか?

価格査定時に、費用は一切かかりません。

査定したら、売却しなくてはいけないですか?

査定しても売却する必要はありません。まずは査定された見積もり価格を確認いただき、その上でお客様に合った売却方法をご検討していただけます。

何社まで訪問査定を依頼できますか?

上限はありません。訪問査定は、比較検討のために2〜3社に依頼することをオススメしています。

どのような不動産会社が掲載されていますか?

大手から地域密着型まで様々な不動産会社が掲載されています。お客様に合った会社が見つかるように、売却対象の不動産があるエリアに詳しい近隣にある会社を表示しています。

査定価格について

当サービス上の査定価格は、AI査定による見積もり価格です。AIによる自動査定システムを活用し、市場動向や周辺の取引事例、現在の売出事例等の大量のデータから、独自のアルゴリズムで算出しています。その後、社内の不動産売却の専門家が個別に確認した後、見積もり価格を決定しています。AIと専門家の力を組み合わせることで、正確な査定を実現しています。
実際の売却価格は、不動産会社に訪問査定を相談してご確認ください。

訪問査定について

不動産会社の担当者が、実際にお客様の物件を訪問し、物件の詳細な状態を確認した上で算出される価格です。簡易査定とは異なり、実際に売却活動を行う正確な価格です。※実際にその価格で、希望のスケジュール通りに売却できることが保証されているわけではありません。

対象エリアについて

現在の対象エリアは首都圏のみを対象としています。対象エリアは順次拡大していく予定です。
対象エリア外の物件でも、物件特性によって買取りできる場合があります。ぜひお気軽にご相談ください。

対象不動産の種別について

2020年9月時点では、分譲マンションのみを対象としています。今後、一戸建てや土地への対応を予定しています。

どれくらいの期間で売却ができますか?

仲介会社を介する場合、一般的には契約を締結してから3ヶ月~9ヶ月です。それ以上に期間を要する場合もあります。
希望のスケジュール通りに売却したい方は、直接買取という方法もあります。直接買取は、室内状況はそのままで、近隣の方へ知られずに売却できます。また仲介手数料(物件価格の3%+6万円)もかかりません。

売れない場合もありますか?

仲介会社を介する場合、時期や価格によっては売却できない場合があります。
希望のスケジュール通りに売却したい方は、直接買取という方法もあります。直接買取は、室内状況はそのままで、近隣の方へ知られずに売却できます。また仲介手数料(物件価格の3%+6万円)もかかりません。

売却活動時に、買い手はどのように探すのですか?

各不動産会社によって売却活動の方法は異なります。一般的には、不動産ポータルサイトへの掲載、チラシの配布、現地案内などを行います。仲介契約を締結する前に、各社がとのように売却活動を行うかをご確認ください。

近隣に知られずに売却できますか?

仲介会社を介する場合は、不動産ポータルサイトへの掲載やチラシで買い手を見つけるため、近隣に知られてしまう可能性があります。近隣に知られたくない場合は、直接買取という方法もあります。直接買取は、室内状況はそのままで、近隣の方へ知られずに売却できます。また仲介手数料(物件価格の3%+6万円)もかかりません。

手数料・諸費用はかかりますか?

仲介売却の場合:
仲介手数料(物件価格の3%+6万円)が手数料としてかかります。諸費用は下記の通りです。
・印紙代:2万円〜5万円(物件価格により異なります)
・抵当権抹消費用:1〜2万円(抵当権がない場合は、必要ありません)

直接買取の場合:
仲介手数料などの手数料は一切かかりません。諸費用は仲介会社に依頼した場合と同様にかかります。

売却時に掛かる税金は何ですか?

印紙税、抵当権抹消登記の免許税、譲渡所得税などが掛かります。

固定資産税について

固定資産税の納付義務者は、その年の1月1日の所有者となりますので、1月1日時点での所有者に納付義務があります。

売却時期はいつがいいですか?

売却する不動産やそのエリアによっても異なるため、一概にはお伝えできません。まずはそのエリアや不動産市況に詳しい不動産会社にご相談ください。

名義人が複数の場合はどうなりますか?

名義人が複数の場合は、共有名義人の同意が必要になります。売却の際に共有名義人全員の実印や印鑑証明が必要になります。

買い替えは売却と購入どちらを先に行った方が良いですか?

売却を先行する場合は資金契約が立てやすい、一方で、仮住まいが必要。購入を先行する場合は、時間をかけて探せる、一方で希望価格で売れない可能性があるといったようにメリット・デメリットがあります。
住み替えをご検討の場合、直接買取りという方法がオススメです。直接買取は、ご希望のスケジュール通りに不動産を売却できるため、スムーズに住み替えをできます。

すぐに売却したいのですが?

すぐに売却を希望の場合、直接買取という方法があります。直接買取は、最短2日で売却が完了し、仲介手数料(物件価格の3%+6万円)もかかりません。

プロセス

売却が完了するまでの流れ

下記の通りです。
1. 当サービスで見積もり価格を査定→2. 不動産会社に訪問査定を依頼 → 3. 訪問査定を行い、正確な売却価格を決定 → 4. 不動産会社と媒介契約を締結 → 5. 売却活動を開始 → 6. 買手が見つかった後、売買契約を締結・決済

訪問査定の申込み方法

Webサイトのマイページにある訪問査定依頼フォームからお申し込みできます。または電話でもお申し込みできます。いつでも好きな時にお申し込みください。

必要書類について

一般的に不動産売却の際に用意するものは以下となります。詳しくは、媒介を依頼する不動産会社に確認してください。
・ご実印
・印鑑証明書(原本)
・住民票(原本)
・固定資産公課証明書(原本、土地・建物記載のもの)
・権利証または登記識別情報(原本)
・ご本人さま確認書類
・付帯設備取り扱い説明書
・マンションの管理規約
・マンションのパンフレット

住みながら売却活動はできますか?

可能です。売却後の退去日は契約によって異なりますので、ご契約時にご確認ください。

売却後はいつまでに退去する必要がありますか?

買主との契約によって異なりますので、ご契約時にご確認ください。売却後に一定期間の居住をご希望の場合、まずは仲介会社にご相談ください。

電話でも相談できますか?

もちろん可能です。お気軽に電話でご相談ください。
0120-540-884(毎日受付10時〜19時)

査定価格

AI査定の査定方法は?

AIによる自動査定システムを活用し、市場動向や周辺の取引事例、現在の売出事例等の大量のデータから、独自のアルゴリズムで算出しています。その後、社内の不動産売却の専門家が個別に確認した後、見積もり価格を決定しています。ウレタでは、AIと専門家の力を組み合わせることで、正確な査定を実現しています。

売却価格の妥当性はどのように確認できますか?

正確な売却価格は、仲介会社に訪問査定を依頼してご確認してください。各社ともに強みや売却方法が異なるため、2〜3社に訪問査定を依頼して、比較検討することをオススメしています。

高く売却するにはどうしたら良いですか?

複数の仲介会社に訪問査定を依頼して、売却価格を比較検討することで、高く売却できる場合があります。

その他

売却した場合、確定申告は必要ですか?

売却した年の翌年に、確定申告をする必要があります。 年末調整で納税している会社員の方も確定申告が必要です。申告手続きは税理士に依頼する、またはご本人で行います。ご不明な点があればお気軽にご相談ください。